家族葬に呼ばない人には、配慮を忘れず事情をしっかりと伝えましょう。

家族葬の基礎知識ガイドヘッダー画像

呼ばない人への対応

家族葬のマナーで気を付けたいのが、呼ばない人への対応です。
大切な家族が亡くなり気持ちの余裕は無くなっているでしょう。
そんな時だからこそ負担の少ない家族葬を選ぶのは当然だと言えます。

 

しかし、家族葬に呼ばれなかった人は、故人を見送ることが出来ずに不満を持つでしょう。
故人を想う気持ちが強い知人を無下に扱ってしまうと、後々のトラブルになり兼ねません。
中には家族葬に反対して告別式へ参加したいと言う人も居るはずです。
ここでは家族葬へ呼ばない人への配慮、そしてマナーを紹介したいと思います。

 

まずは家族葬だと伝える

家族葬を行うことを伝える人

最初にやっておきたいのが、家族葬だと親戚や知人へ連絡することです。
その際に、家族葬なので葬式への参列は遠慮して欲しいと伝えるのがベストでしょう。
大抵の人であれば、家族葬の意向に理解を示して参列を見送ってくれます。
故人の遺言で家族葬を行う、と宣言してしまうのも良いです。

 

ですが、高齢者の中には家族葬への理解が無く参列を強く希望するケースも出て来るでしょう。
相手が故人と仲の良い関係であったなら、家族葬へ迎え入れるのもありです。
そこまで深い関係で無いなら、はっきりと家族葬なので参列は控えて欲しいと伝えるべきです。
曖昧な返答をするとお通夜や告別式に参加する人数が増えてしまい、予算が大幅に増えてしまいます。

 

故人が亡くなったことを伝える際には、必ず家族葬だと伝えるようにしてください。

 

香典辞退

辞退可能な香典

葬式に付き物なのが香典でしょう。
香典は遺族の葬式費用を援助する目的で渡されるのですが、家族葬では辞退するケースが多いです。

 

そのため、故人が亡くなった連絡をした時に、香典辞退の意志を伝えるのがマナーとなります。
香典辞退の意志を伝えず、香典を受け取ってしまったら香典返しをしなければなりません。
手間も費用も増えますし、何よりも精神的な負担が重くなってしまいます。
故人とのお別れをゆっくり出来るのが家族葬のメリットなので、それを潰してしまい兼ねないのです。
香典辞退の意志をはっきり伝えるのがマナーなので覚えておきましょう。

 

故人の遺志を強調する

日本人は思いやりの文化が強く、断られても何かするのが礼儀だと信じている人がいます。
家族葬だと伝えても葬式には参加するべきと考えて行動する人も居るでしょう。

 

そこで重要になるのが、故人の遺志で家族葬を行う、と伝えることです。
これにより相手は葬式へ参加しない方が良いと確信を持てるので、心理的な負担を与えずに済みます。
故人の遺志を尊重して欲しいと、きっぱり伝えるのがマナーなのです。
繰り返しになりますが、曖昧な連絡をしないように心掛けてみましょう。