家族葬に参列する場合、どのような服装で行けばよいのでしょうか?

家族葬の基礎知識ガイドヘッダー画像

家族葬参列者の服装

身内だけという状況は、ついつい普段通りの行動をしてしまいがちです。
ですが、家族葬にもマナーが存在しており、何をやっても良い訳ではありません。
また、故人の親友として家族葬に呼ばれることもあるでしょう。

 

家族葬だから普段通りの服装で参加しよう、などと考えていたら危険です。
服装にも最低限のマナーがあることを知っておきましょう。
ここでは家族葬に参加する際の服装についてアドバイスして行きたいと思います。

 

家族葬に参加する男性の服装は?

家族葬に適した男性の服装

 

一般的な葬式の場合、喪主はブラックスーツを着用します。
正式な装いをするならモーニングコートなどが該当するでしょう。
喪に服す際は深い黒色に染まり、アクセサリーも避けておくのがマナーとなります。

 

それに対して家族葬の場合、ブラックスーツほど畏まる必要はありません。

黒のビジネススーツを着用するのも良いですし、グレー系の色でも良いでしょう。
親しい家族や知人に同意が取れているなら、さらにカジュアルな服装でも大丈夫です。

 

ただし、赤やピンクなどの派手な色は避けるべきです。
なるべく地味な色の服装で家族葬へ参加するようにしてください。

 

ちなみに、ブラックスーツとビジネススーツはまったくの別物です。
非常に似ていますが、細かい部分の作りや材質、色などが異なるので覚えておきましょう。
何にせよ、家族葬では問題にならないので、黒い服を意識すれば問題ありません。

 

女性の服装は何が良いか?

家族葬に参列する女性の服装

 

通常であれば黒いフォーマルドレス、ダークスーツなどが葬式に適した服装になります。
しかし、家族葬であればややカジュアルな服装で問題無いでしょう。

 

若い女性であれば、黒いワンピース少し長めのフレアスカートが家族葬の場に適しています。
ストッキングも着用してなるべく肌の露出を減らすのもポイントになります。
ボディラインがはっきり分かるような服装も避けた方が無難です。

 

大人の女性は黒いスーツを着るのが良いです。
フォーマルなスーツを1着は準備して置き、いつでも着られるようにしておきましょう。
イヤリングや髪飾りも控えて、髪の毛は黒いゴムで縛るようにしてください。

 

男性と同様に、家族葬に参加する人の服装に合わせてカジュアルさを変えて大丈夫です。
黒いセーターやズボンで出席するのも家族葬ならではのメリットなのです。

 

大切なのは見送る気持ち

服装のマナーを挙げればキリがありませんし、気にし過ぎるのは良くありません。
家族葬はひっそりと行われるので、多少のマナー違反は問題無いのです。
大切なのは故人を見送る気持ちと、自分自身の心を整理することでしょう。

 

家族葬参列者の服装に明確な決まりはないので、家族と相談して決めてみてください。