家族葬をするべきか?メリットとデメリットを比較して考えましょう。

家族葬の基礎知識ガイドヘッダー画像

家族葬のメリットとデメリット

家族葬のメリットとデメリットをチェック

 

精神的な負担が少なく費用の面でも助かる家族葬は増えています。
希薄な人間関係が影響していると言われていますが、高齢化の影響も少なからずあるでしょう。
今後、さらに家族葬の割合が増えて行くと予測されているのは間違っていないはずです。

 

そこで知っておきたいのが家族葬のメリットとデメリットです。
メリットとデメリットを把握すれば、葬式を行う際の選択肢が増えるでしょう。
主流になる葬式の形だからこそ、今の内から理解を深めておいた方が良いのです。
自分が喪主になった時を想定しながら見て行きましょう。

 

メリット

親しい家族で見送る

最初に挙げられるメリットは、親しい家族だけでゆっくりと故人を見送れる点です。

 

通常の葬式ではお通夜も告別式も知人や職場関係者などで溢れ返ってしまいます。
そうなれば挨拶や各種対応で、故人とお別れをする時間が作れないでしょう。
家族葬であればゆっくりと過ごせますし、精神的な負担も少なくなります。
最大のメリットとも言えるので忘れないように覚えておきましょう。

 

費用が抑えられる

家族葬の費用

お通夜や告別式で大勢の人を呼ばないため、食事代や返礼品の予算が大幅に削れます。
また、家族葬は少人数で行うので葬儀場で借りる部屋も小さくて済むでしょう。

 

こうした理由で葬式の費用が通常の半分以下、内容によっては4分の1にまで抑えられるのです。
とは言え、20万前後の費用が掛かるのは間違いないので、ある程度の貯金はしておくようにしてください。

 

自由な葬式に出来る

日本では世間体を大事にする文化があります。
葬式ではみんなで悲しみ、派手な行動は慎むというのが暗黙の了解になっています。

 

しかし、家族葬であればお互いに知った仲なので、そこまで肩肘張る必要は無いでしょう。
故人の好きなカラオケで見送るようなお通夜を過ごしても問題ありません。

 

 

デメリット

葬式に呼ばないトラブル

家族葬のデメリットで覚えておきたいのが、人間関係のトラブルです。
故人と仲の良かった人や親戚から、葬式へ呼ばなかったことに対する不満をぶつけられるかもしれません。
愛されていた故人ほど、こうしたトラブルが発生しやすいです。

 

休日の来客対応

後日に故人を訪れる人

大多数の知人は葬式に参加しないため、後になって線香をあげに来るケースがあります。
告別式と違いバラバラのタイミングで来客があり、長期間に渡って対応を続けなければならないでしょう。
みんなで同時にお別れをしないので、このような状況になるのです。

 

費用が高くなる恐れ

家族葬では大勢の人からの香典は期待出来ません。
葬式費用が下がっても、香典の収入も下がってしまうため、結果的には負担増になる恐れがあります。
また、家族葬にオプション対応を加えると一般的な葬儀よりも高額になるかもしれません。
費用に関しては葬儀会社に見積もりを貰いつつ、しっかりと見極めてください。